出張マッサージを機に今では一人でも利用

お客様へご迷惑をお掛けしてしまった際など、地方のビジネスホテルへ数日間泊まり掛けの出張をしなければならなくなる場合があります。ビジネスホテルのルームサービスで、フロントを通じて出張マッサージがあるケースも多々見てきましたが、それまで一人ではなかなか利用してみる勇気がありませんでした。
2年前に九州のお客様の工場にある製品の品質確認の為、2歳年上の先輩と2日間ほどビジネスホテルへ泊まる出張がありました。日中の作業を終え、部屋で持ち込んだビールなどを飲みながらリラックスしていた際、「マッサージでも頼んでみるか?」と誘ってくれたのです。4,000円ほどの料金でしたが、「物は試し」と先輩の誘いに乗ることにしました。
フロントへ出張マッサージのサービスをお願いすると、1時間ほどでお二人の女性マッサージ師さんが到着。だいぶ酔いも回っていたこともあり、「それぞれの部屋でマッサージが終わったらそのままおやすみ」という形で、それぞれの部屋へ散って行きました。
想像していた以上に、やはりプロのマッサージ師さんから受けるマッサージは違うと思いました。ツボを心得ていらっしゃることで、頼まなくても「これは効く~!」というポイントを探ってくれます。日中のストレスも何処かへ飛んで行く感じでした。マッサージと言うと、腰や背中回りというイメージがあったのですが、ふくらはぎからお尻に掛けてのマッサージが特に疲れが取れた気がします。恥ずかしながら、余りの気持ち良さに「ヨダレを垂らして」寝てしまったようです。
出張マッサージは1度経験すると、その気持ち良さが記憶に残り、また利用したくなってしまいました。それからというもの、2泊・3泊と連泊になるような出張の際には、一人でも会社から出る日当を節約してでも利用するようになっています。

ホームに戻る